プリンターの進化

石壁にある街頭広告

個人で製作可能な3Dプリンターの設計図がネット上に公開されてから、その派生型が次々と誕生しています。それは、細い樹脂ワイヤーを溶かして積層していくタイプです。つまり、あまり精度の高い印刷は無理で、まだまだ発展の余地のある物でした。ただし、当時は円が強かったこともあり、僅かな資金で3Dプリンターを作ることが出来ました。 今は、その積層タイプもだいぶ高精度な印刷ができるようになり、メーカー製も増えました。メーカー製ならば、サポートなどもあるので、この種の機械に不慣れな人にも3D印刷が出来ます。 この溶かした樹脂で形を作っていくタイプとは別の3Dプリンターも普及価格帯で販売されています。光で硬化する樹脂を使うタイプです。このタイプは、上記のものより少し高いですが、かなり高精度な印刷物を作ることが出来ます。宝飾品の型などにも利用されるほどです。

この高精度な出力ができる光造形タイプのプリンターは本体が30万円ぐらいからあります。それに、光硬化樹脂が必要です。この光硬化樹脂は、一般的なものではダメです。カクテルのように各社独自のブレンドで硬化特性を持たせてありますから。 したがって、この光硬化樹脂が結構高価です。1リットルで1万円はします。このランニングコストが、本格的な普及への足かせになっているようです。もう少し、樹脂の価格が下がればもっと普及するはずです。 何しろ殆どが輸入品から構成される3Dプリンターですので、販売価格がそれほどまでには下がらないのが残念なことです。円安の影響をもろに受けるタイプの製品ですから、なるべく国内資材で仕上げた純国産3Dプリンターなどの登場を待ちたいものです。